女性

ユニホームは職業別で選び分ける|生地の特徴を理解する

コックやウェイトレス

ウェイトレス

飲食店で働く人は多く、その多くは制服を着用して作業を行なっています。飲食店で着用されている制服と言っても、数多くの種類が存在しています。また、携わる作業によっては、素材を使い分けて着用する必要があります。同じ飲食店内で働いていたとしても、コックとホールでは作業内容が異なります。コックなら、コックコートやエプロンが適していますし、ホールならカジュアルで動きやすいポロシャツやTシャツが適しています。コックコートは耐久性や撥水性に優れたタイプを選ぶようにしましょう。調理場では、常に油や水を使用することになります。それらの影響を防ぐためにも、撥水性や耐久性に優れている素材が必要となってきるのです。また、作業効率を良くするには、軽くて着心地の良い制服を選ぶことも大事です。あまりに重たい制服だと、作業に支障が出てくるので着心地も重視しましょう。制服と合わせて、エプロンや帽子、ブーツなどもまとめて注文しておくとベストです。これらの注文は、完全オーダーすることもできますし、既存のサンプルから選び名前や刺繍を追加で施すセミオーダーでも作成することができます。ネットでは、様々なサービスで飲食店の制服を作成してくれるので、店の雰囲気に合ったデザインを考えることが可能です。無地のユニフォームなら最短で3日程で作成から発送まで行なってもらえますし、名入れであれば、1週間程で注文から発送まで行なってくれるので非常に便利です。